神奈川県横浜市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

神奈川県横浜市で段ボールだけの引越し料金について

2016年10月04日 11時29分

longookoko.jpg
引っ越しは段ボールだけと耳にすると、珍しいケースを想像されるかもしれませんけれど、こういう風に引っ越し方は意外に多いのです。例としては実家を出て、初めて一人暮らしをするパターン。家具家電は新たに買うので、実家から持参する荷物は段ボールで済む、という人も多いでしょう。そうでなくても最近は家具家電付きの物件も増えているため、同じように「業者に頼んで移動させたい荷物は段ボールで事足りる」という人も結構います。移動する荷物は服や小物系に、本やCD,DVDのみというケースですね。このような引っ越しをするとき、どうすれば滞りなくなおかつ安く引越依頼ができるのでしょう?こういう際には一括見積もりサイトを活用して、一度に複数社から見積もりを出してもらえば、金額が半額以上になることも…!理由は単純明快、複数社が競合し合うので安くしなければ勝てないのです。使うかは後で決めればいいので、一度金額がどの程度なのかだけでも見てみましょう。
 

横浜のダンボールだけの引越しで気を付けるポイント

IMG_1366.JPG

段ボールのみでの移動をする場合、考えておきたいのはどれくらいの量なのかという点です。分量があまりないのなら、宅急便業者に1箱いくらの送料を払い、新居に届ける方が比較的安く付くことが多いです。けれども、宅配便で依頼する場合、避けて通れないデメリットもあるのです。
 

宅急便業者とひっこし業者のそれぞれのメリットをお教えしましょう。



この先は、宅配業者と引っ越し業者のそれぞれの特徴をご紹介いたします。段ボールオンリーの引っ越しの場合、宅配会社に頼む最大の利点は金額が安くなるという点に尽きます。全体の数が多くなければ、ほぼ確実に宅配便を利用する方が安上りになります。けれど、一箱ごとに料金が必要なので、箱数が多すぎると高額になることも。箱の縦横高さの合計が、160㎝以内の荷物しか受け付けてもらえません。*クロネコヤマトの場合重量制限も一箱最大30キロと決められているため、重いものと軽いものの上手な組み合わせで荷造りする必要があります。引っ越し業者は何人か集まって運搬作業にあたるので重量制限などは特にないですが、宅配便だと基本的に1人で持ち上げられることが前提となっています。条件外の荷物はお願いできないので気を付けましょう。箱が壊れないように梱包は頑丈に自分で準備するのも忘れないように!宅配便で段ボールを送る場合、即日では届けることは出来ないこともデメリットといえるでしょう。かなり近場であろうと、次の日からの到着になることをお忘れないように・・・!新しい家で、当日夜と翌朝に使う荷物は、宅急便で送らず自分でもっていく必要があります。*佐川急便の宅配便や郵便局のゆうパックも似たり寄ったりの決まりがあります。いずれの業者も玄関ドアまで荷物を持っていくこと、到着時も同じように玄関までになるので、女性の一人暮らしなんかだとキツイと思います。引っ越し会社は、頼んだその日に荷物を運び入れてくれることが一番の利点だと思います。全ての荷物が運び出した日に届くので、新居生活を開始するのも円滑にいきますし、自分で荷物を移動しなくていいのはやはりいいものです。近場の引っ越しならそんなに大変ではないにしろ、遠い場所の場合、自分で翌日までに使う荷物を持参する必要があるのは結構な労力になります。荷物の量が多くなければ、1箱ずつお金を支払い送る運送会社に出す方が安く付くことが多いみたいです。ただ、段ボールの数がある程度になる場合は、1人用のプランを扱っている引越し業者を選ぶことで、宅配より低価格で段ボールだけの引越しを行うことが出来るようになります。1人用のプランというのは、一人分の荷物が入る専用BOXに荷物を詰めて、まるごと引っ越ししてしまう方法です。専用BOX丸ごとで引っ越しする為、物がなくなるという事態も起きにくいですし、価格もかなり安くできるように進化しました。これを利用すれば、普通の郵送のように重さの上限やサイズも気にかけることはないです。荷物がボックスに入りさえすればいいんです。段ボール以外の荷物も一度に郵送することが