神奈川県横浜市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

神奈川県横浜市の小学校転校手続きについて

2016年10月04日 11時28分

転居が決定した際、お子さんがいるなら転校するための手続きが必要となります。この手続きは、いろいろと出向かなければいけませんし、必要書類も多数あり迷うことも多々あるでしょう。急遽決まった引越しだったりすると、住所の詳細が分からないケースもあると思いますが、事前に準備しておけば楽に手続きを進めることが出来ると思います。こちらでは、過去自分の子どもを転校させたサイト管理人が、わかりやすく手続きにまつわる大事なポイントをご紹介します。小学校の転校手続きQ&A個人的な事情で、転居先の部屋がまだ本決まりしていません。小学校の転校手続きはできるのでしょうか。A.転校と言うのはやむを得ずするケースもあり、特別OKが出る事もあり得ます。例は、家庭での暴力やつきまとい等の被害で家を出たいが、はっきりと住所は決めかねている。特例として扱われているため、安心して相談に行きましょう。また特認校と言われている小規模校があります。学区外の住まいからでも通学OKの運営体制となっています。Q.転校手続きをするにあたって、学校・市役所・教育委員会に娘も同伴した方がベストですか?A.旧学校は保護者がやり取りし、必要書類の記入等するべきでしょう。いつのタイミングで、転校するということを他の児童に伝えるかということなど、先生と話し合いが必要になり、その場に子どもがいると話しづらいこともあります。転校先では子どもも先生も、互いにどんな人か知っておきたいでしょうから、同席するといいですね。ただ事前になにか先に伝えることがあれば先生に伺って、別の席を設けましょう。Q.公立→私立に、は転校できますか?A.できますが、多くの私立の方が勉強が先に進んでいる可能性があります。引っ越し後にしっかりと現状把握は必須になりそうです。様々な手続きが必要となる小学校の転校手続き・・・オススメのタイミングは?急な場合は仕方がありませんが、特に市外への転校は、転校の手続きには数日程度日数を要することでしょう。さらに両親とも共働きの家庭の場合、各書類提出などが休日にしかできないので、「この続きは1週間後」などとなってしまい、うまく進まない事あるようです。引越しの1週間前までに転出届を出し、引越しを終えたら14日のうちに転入届、そして同時に小学校への手続きも行わないといけないのです。必要な道具をチェックして買ったり、時間はどれだけあっても足りない状態になってしまいますので、できることなら、小学校の夏休みなどのタイミングで引っ越すのが一番だと思います。夏や春、冬の長期休暇中にゆとりを持って手続しながら子どもの状態をよく見、ケア・フォローしていく事が大切だと思います。