神奈川県横浜市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

横浜で業者の人にものを壊されてしまったら?

2016年10月24日 11時54分

引越しをする時、引越し業者の人にお任せで引越しをしようと思っている人は引越し契約の契約書というのものを確実に読むことをオススメします。これはなぜかというと、引越し作業を担当する業者の人はロボットではないからです。同じ人間なんです。つまり時には失敗することもありますし、うっかり荷物を落とすこともあります。いくらプロだからといって何か急な異変により家電を落とすことがないとはいえません。私もかつて会社で失敗したことがあるのですが、突如腹痛が起きてしまい。運んでいた飲み物をひっくり返してしまったことがありました。突如来る腹痛には気をつけましょう。引越し業者さんもそれと同じです。急にお腹が痛くなるかもしれない、突然に腰を痛めてしまうかもしれないということが実際にあります。そんな時、取り落としたものが壊れものだったら、引越し業者の人はどんな対応をするのでしょうか?先ほどの通り契約書類を詳細に理解しておくこと、その意味は万一荷物を壊された時にどれが弁償対象になるのかをわかっておくことが肝心ということです。実は運ぶことを断られている物品もあるのです。そのような物については事情を問わず弁償はありません。契約書面にサインをしている限り、弁償はありません。とはいえ、それ以外なら壊れた場合に弁償をしてもらうことができます。3ヶ月の期間内に忘れずに連絡をしましょう。連絡する相手は会社の窓口でも構わないのですが自分の家に見積もりに来てもらっていた場合はその時の担当者に連絡を入れるのがなによりスムーズです。受け取った名刺や契約書などはしっかりとしまっておきましょう。